④【函館駅→青森駅】

④【函館駅→青森駅】
0099

函館駅から列島縦断の旅を再開しましょう
特急スーパー白鳥(2016/03/21運行終了)
(函館駅~新青森駅)
0100
0101
0102

ココから乗るのは今は役目を終えた
特別な列車
スーパー白鳥
新幹線開通と入れ替わりに
姿を消したスーパー白鳥
その最後の旅を楽しむことにします

函館駅を出てすぐに
沿線屈指の歴史スポットが待っています
五稜郭です
0103

今回の旅の目的の一つは
名城巡りです

駅名表示も
五稜郭をイメージしています
0104

駅から2kmほど
そこに広がるのは
五稜郭跡
国の特別史跡に指定されています
0105

江戸末期、函館開港の
防備のため
日本では珍しい
星型要塞として
建造された
五稜郭

しかし函館戦争の際
旧幕府軍が本拠としたため
明治以降
中の建物は
ほとんどが
解体されました

その後
陸軍の練兵場となったあと
1914年から五稜郭公園として
一般開放され
市民の憩いの場となっています

復元された
函館奉行所
0106
五稜郭以前は別の場所にありましたが
完成ともに
ココに移転しました

広大な五稜郭
その全貌は
上空から見ないとわかりません
0107
かつて
歴史の舞台となった
城郭も今はまさに
兵どもが夢のあと

五稜郭駅を後に
スーパー白鳥は
当時の江差線
現在の道南いさりび鉄道線へと
入っていきます

そして
木古内駅からは
海峡線の線路を走るのです

車窓に広がるのは
0108

波穏やかな
函館湾
その彼方には
津軽海峡が
広がっています
0109

やがて木古内駅を通過し
津軽海峡の下を
潜ります
0110

27年物歳月をかけて
1988年に開通した
青函トンネル
全長はおよそ54kmあります
もっとも深いところは
海面下240mで
青と緑のランプが点灯しています
0111
0112

青函トンネルに入って
やく20分で外が突然明るくなりました
0113

本州の青森県に入りました
青森県に入ると
0114

波穏やかな陸奥湾沿いを
南へ走るスーパー白鳥
やがて到着したのは
青森駅です
0115
0116

青森駅の近くには
青函トンネル以前の時代がしのばれる物が
青森港に保存されている
かつての青函連絡船
0117
0118

八甲田丸
昭和63年、連絡船廃止の際
青森側最終便として
運航を終えました

明治41年から80年間
旧国鉄の鉄道連絡船として
青森と函館の間を結んでいた
青函連絡船
0119
0120
0121

八甲田丸では
当時、船腹に積み込まれていた
貴重な鉄道車両の数々も
見学することが出来ます
白鳥?日本海?かな
八甲田丸は貴重な歴史の証言者です